管理者

当店では、犬と猫のための食事療養食「ロイヤルカナン」を販売しています。体調に不安のあるペットそれぞれの症状にあわせたフードをご用意しています。大切なペットの健康管理にぜひどうぞ。

獣医師 山口 幸正
薬剤師 安井 弘

※包装数量3kg以上の商品は注文販売とさせていただきます。

キャンディハウスからのお知らせ

今日は。
ご無沙汰しております。

甲府は午前中ほぼ雪でした。東京も雪で交通の乱れがある模様。

甲府では11月に雪を降るのは54年ぶりだそうです。

でも、旧暦24季節の第20番の小雪は11月22日か23日、まさしく暦通りの雪ですね。

これから、気候がますます寒くなり、大雪、冬至、小寒、大寒という順に。

さて、犬のお散歩の話。

先ほど、さっそく、傘をさしながら、カッパの着ている可愛いチワワをお散歩している愛犬家を見ました。

お散歩しないとワンちゃんがストレスがかかることを心配しているお方であることに違いない。

そういえば先日ある大手の雑誌に1日犬がお散歩しないと5日人間が外出しないと同じぐらいのストレスがかかってしまい、ペットは早く死に至るおそれがあると書いてあります。

一理がありますが、だいたいとんでもない発言。犬に無知のライターの発言だと一蹴したい。

今日のような急に気温が下がる(或は明日、前日雪の為にもっと気温が下がる場合)と犬の体調が気温の変化に追いつかず、パットから全身に寒さが感じ心臓も弱くなる。犬が年を取れば取るほどなおさらです。

そこで必要となるのは水ぴたし寒い地面を踏ませながらのお散歩ではなく、犬の生活環境廻りの保温ではないでしょうか。

もう一つ、よく自転車やミニオートバイを走りながら、犬をけん引する愛犬家がいらっしゃる。

その犬は可哀想ですね。

心臓が過酷な走りでやられてしまう。

ハスキーやボーダーコリーなどなら自転車の速度に程よいかもしれないが、その他の小型犬は無理。

柴犬も小型犬ですよ。

では、犬のお散歩速度はどのくらいならというと、人間の歩きと同じくらいの速さがちょうどいい。

世の中、分かることなら言ってもいいが、分からなければ黙ったほうが世のためだ!









山梨県の子犬・子猫の販売|ペットショップ|ペットホテル|トリミング|キャンディハウス

本店所在地 〒400-0812 山梨県甲府市和戸町763 TEL : 055-230-2070

すっかり秋ですね。

というよりもう寒いです。

寒くなったし、動物病院へ行くにも面倒だし、今年、犬の蚤薬とフィラリア薬もういいや と思っていますか?

だめです!

    フィライアをキャリアの蚊は甲府では11月15前後

    蚤は気温8度でも動く。

    今週甲府は寒かったが来週には気温が回復との気象情報。

    現在でも日中十数度の気温。

    故に蚤でもフィラリアでも活動しているというわけです。

    あなたの大事な家族はこれらの有害物にまた犯せられる状況にいるのです。

さあ、もしこれらの物の対策が今年中に一括するではなく毎月に動物病院に処方されるタイプなら

ば、明日でも病院にいってください。


山梨県の子犬・子猫の販売|ペットショップ|ペットホテル|トリミング|キャンディハウス

本店所在地 〒400-0812 山梨県甲府市和戸町763 TEL : 055-230-2070

当社の店頭に展示している犬猫は、すべて自社繁殖している赤ちゃんです。

その親は全部繁殖場におり、年に決まっている時期に獣医先生のワクチンプログラムを受け、接種をしていただいています。

そのため、親がパルポやジステンパのキャリアではないので、当然子供にはそのようなものをもっておりません。

従いまして、当社の犬猫は全部抱っこ出来ます。買っても買わなくても、どうぞ遠慮なく抱っこ申請を店員に伝えてください。


もうひとつ大事な理由があります。子犬や子猫は生後2~3月前後に人間と触れるか触れないかはその子が将来人間に馴致されるかされないかと直接関係があります。

あまり人間に抱っこされたことがない犬は将来臆病的、例えば噛みつきや唸り、他の犬とうまく付き合えないケースが頗る多く、場合によってこの社交性欠如は修復不可能だと犬の繁殖家の常識です。

山梨県の子犬・子猫の販売|ペットショップ|ペットホテル|トリミング|キャンディハウス

本店所在地 〒400-0812 山梨県甲府市和戸町763 TEL : 055-230-2070

山梨県の子犬・子猫の販売|ペットショップ|ペットホテル|トリミング|キャンディハウス

本店所在地 〒400-0812 山梨県甲府市和戸町763 TEL : 055-230-2070

フィーラリアの薬を与えるだけで愛犬をフィーラリアキャリア蚊の感染から命を守れます。

しかし、薬を与えたので、愛犬が蚊に刺されないというわけではない。

即ち、フィラリア薬を与えても犬は構わずに蚊に刺されます。

人間と同じように蚊に刺されたら、かゆいですね。

かゆくなったら、犬が刺された場所を口で噛む、後肢で掻く。

次第に患部が腫れ、膿む。

場合によって、害虫例えばハエが寄ってくる。

、、、、

では、どうすればよいでしょうか?

蚊取り線香ですね!

動物専用のものもあれば、人間用の蚊取り線香も使えますが、特にお外で飼っている犬に動物専用のものが一番良い!

燃焼時間はなるべく10時間以上のものを買ってください。

室内飼いの犬にたいして、人間用の蚊取り線香もしくは電気のベープマットもいいですよ。

 

山梨県の子犬・子猫の販売|ペットショップ|ペットホテル|トリミング|キャンディハウス

本店所在地 〒400-0812 山梨県甲府市和戸町763 TEL : 055-230-2070